夏の禅心スイーツ

喫茶 cafe

夏の禅心スイーツ

球磨禅心抹茶のかき氷

夏の禅心スイーツ 球磨禅心抹茶のかき氷

当店の抹茶かき氷は全て人吉球磨産、一から手作りしています。

抹茶シロップは当店オリジナル球磨禅心抹茶のみを使用しています。球磨郡相良村四浦地区にある信國製茶さんによって作られた禅心抹茶は苦味、甘み、そして旨味を兼ね揃えた、初の熊本県産抹茶です。柔らかさやまろやかさだけでなく、お茶が本来持っている野性味や荒々しさまでも表現されています。オリジナルメニューの2倍以上の抹茶を使用し、仕上げとして上からもうひと振りして完成です。温かいお飲み物とご一緒にどうぞ。

※写真の見た目以上のボリュームがあります!

禅心抹茶・・・・・・・750円

心憩茶(ほうじ茶)・650円

いちご・・・・・・・・・600円

(税込)

 

 

 

新宮禅寺の抹茶豆腐ティラミス

喫茶 cafe

新宮禅寺の抹茶豆腐ティラミス

今月の禅心スイーツ

住職の袈裟に描かれる六芒星

 

 

当店に隣接する新宮禅寺。宗派は日本三禅宗の1つ黄檗宗。熊本県、鹿児島県、宮崎県において存在するのはこの人吉球磨地域のみです。新宮禅寺は日本最南端の黄檗宗寺院です。その黄檗宗がシンボルとして掲げているのが六芒星です。正三角形の組み合わせは陰と陽の組み合わせであり、気が最大に生み出される状態だと言われています。

その六芒星を型どった抹茶豆腐ティラミスです。

抹茶は、当店オリジナルであり、熊本県初本格的抹茶「球磨禅心抹茶(信國製茶さん・球磨郡相良村)」をたっぷりと使用しています。その下の層には水質日本一を連続記録中の川辺川の伏流水を使った豆腐(親父のがんこ豆腐さん・球磨郡相良村)を、そして一番下の層にはおからのビスケットを敷き詰めています。

抹茶と豆腐が絶妙のバランス

 

 

新茶の季節 「球磨禅心抹茶」 

球磨禅心抹茶

新茶の季節 「球磨禅心抹茶」 

熊本県初本格的抹茶 もうすぐ摘み採り。

今年も、相良村の信國製茶さんでは、もうすぐ抹茶の摘み採りが始まります。今年も順調に育っています。当店が信國さんと抹茶の開発に成功して3年目になります。なにせ甜茶製造は熊本県初の試み。試行錯誤しながらの開発でした。ようやく安定し、今年は生産量も増やします。ですが、家族経営されており大規模は無理なので、年間10kgほどしかありません。

 

人吉球磨はお茶どころです。熊本県最大のお茶の産地です。禅とお茶は関係が深いです。九州南部(熊本県、鹿児島県、宮崎県)において唯一日本三大禅宗が存在する人吉球磨地域。

熊本県には過去にも現在でも抹茶は存在しています。ただ、栽培から碾茶づくりまで一貫して生産しているところはどこにもいませんでした。

特に難しいのは碾茶です。

ざっくりというと蒸した生茶葉を揉まずに乾燥させる過程を経た茶葉を碾茶と言います。

この難しいプロジェクトを引き受けてくれたのは相良村の信國製茶さんの若き後継者・信國晋太郎さんでした。当店オリジナル商品 球磨禅心茶 昼心憩茶(ほうじ茶)でも参加してくれています。

今世界中で抹茶ブームです。様々な抹茶があります。

当店の抹茶は、苦味と野性味そしてほんのり甘さが共存する、深い、深い味わいです。

それは、秘境人吉球磨ならではの味。

日本三代禅宗が九州南部で唯一存在する地域ならではの味、つまり、仏性ー本来の無垢な自分を表現してくれています。

 

今朝の一服 

禅に触れる(禅体験)

今朝の一服 

熊本県初本格的抹茶 球磨禅心抹茶で一服

 
今朝の一服。
 
 
新宮禅寺も冬模様。
雨と相まって、
侘び寂びの美しさ。
 
 
 
抹茶:球磨禅心抹茶
器:荒賀文成(京都)