朔日(ついたち)

朔日(ついたち)

人吉球磨は朔日

日本人の水に対する信仰は、水を神仏まで高めました。
水は天の水と地の水の2つの観念があるそうです。
 
日本では、朔日には、朝5時ごろ(寅の刻)に井戸から汲んだ水を
神聖な水として飲んでいました。
その水を若水もしくは変若水と言いました。
民俗学の巨人・折口信夫は「日本人の先祖の住む原郷ユートピアである
常世国から密かに一年に一度流れ着く水がある。それは川を遡り、やがて地中深く
浸み込んで井戸水となる。その井戸の若水を毎年繰り返し飲むことで再生していく」
と記している。
 
五木の子守唄では「水は天からのもらい水」と歌われています。
 
川辺川は、いわば、天と地(陰と陽)からの水、若水なのです。
 
当店のマグカップは、陰と陽を組み合わせた六角形の中心である六芒星に
若水(変若水)をあしらっています。
 
本日、川辺からの直送の若水を使った甘酒をご用意しています。
 
ハレの店でお待ちしております。
 
(当店のしめ縄は、三日月の気が天から降っているイメージで作りました)
 
 
参考文献:五木の子守唄/「日本の風水」諏訪春雄
「日本文化の核心」松岡正剛/「陰陽五行と日本の民俗」吉野裕子
 
人吉球磨は朔日