news

禅の言葉

 

人吉球磨のお土産と喫茶 球磨禅心生活が取り上げる禅の言葉。球磨禅心抹茶でもいただきながら知ってほしい言葉の数々。スッと心が軽くなるコトバ。

 

IMG_3233

(道端に咲いていた秋桜を飾る)

 

 

也風流(またふうりゅう)

 

意:豪華でない、名品でもない、高い花でもない、味も素気ないけど、それも風流。

 

禅とは自由。思い思いに花を活けてみる。それも風流。

禅心茶と聴きたい音楽

 

「Just the way you are」
Billy Joel

 

 

 

大人になれば、世の中の全てのことがわかるようになると信じていた。

けど、自分がよくわらない。

本当の自分がわからなくなる。

本当の自分の居場所がどこなのか、さえも。

 

だけど、きっと受け入れてくれる人がいる。

生きるべき場所がある。

 

今のままでいい。

ありのままでいい。

そう、ありのままを愛してくれる人がいる。

 

聴くたびに、心のトゲを取ってくれる。

生まれたての無垢な自分に戻れる。

 

禅心茶と聴いて欲しい1曲。

 

Don’t go changing, to try and please me
You never let me down before
Don’t imagine you’re too familiar
And I don’t see you anymore
I could not leave you in times of trouble
We never would have come this far
僕を喜ばせようと
自分を変えたりしないで
君にがっかりした事なんて
今まで一度もなかったよ
見飽きたとでも思われてたら
それこそ君って人が分からなくなる
面倒な事になったからって
君を捨ててしまうような男だったら
こんな所へまでは辿り着けなかった

I took the good times, I’ll take the bad times
I’ll take you just the way you are
幸せを分かち合ってきたんだから
苦しみだって 分かち合いたい
ありのままの君を選ぶよ

Don’t go trying some new fashion
Don’t change the color of your hair
You always have my unspoken passion
Although I might not seem to care
最新のファッションを試したり
髪の色を変えたりしないで
口にはしないけど 僕はいつだって
君への情熱を感じてる
そうは見えないかもしれないけど

I don’t want clever conversation
I never want to work that hard
I just want someone that I can talk to
I want you just the way you are
機知に富んだ会話なんて要らない
余計な努力はしたくない
話し相手がいてくれたら それでいい
ありのままの君でいてほしい

I need to know that you will always be
The same old someone that I knew
What will it take ’till you believe in me
The way that I believe in you
これからも いつまでも
昔知ってたあの子のままでいてくれる?
どうすれば僕を信じてくれる?
僕が君を信じてるみたいに

I said I love you and that’s forever
And this I promise from my heart
I couldn’t love you any better
I love you just the way you are
つまり 僕は君を愛してて
それは永遠に変わらないってこと
心から誓うよ
これ以上は無理ってくらい
本気で愛してる
ありのままの君を愛してる

抹茶を点てる時間をご提供。 熊本県初本格的抹茶 球磨禅心抹茶 

_MGM9375

 

当店オリジナルプロダクト 球磨禅心抹茶。
2年をかけて作り上げたプライベートブランドです。
抹茶の定義に沿いながら、栽培から甜茶(てんちゃ)づくりまで行なっている抹茶はこの「球磨禅心抹茶」のみ。

抹茶を点てる行為は心を浄化させていく儀式。当店ではお客様ご自身で点てていただきます。作法を気にせず、思い思いに自由に点ててください。

 

人吉球磨のお土産と喫茶 TV取材

KABさんの取材を受けました。
禅をコンセプトにした人吉球磨のお土産と喫茶、球磨禅心抹茶と禅体験のアピールさせていただきました。来週の水曜日が放送とのこと。

 

 

IMG_3206

禅心茶と読みたい本

「世界はうつくしいと」
長田弘

「寛ぎ」のために作られた詩集。

シンプルで、美しく、そして優しい言葉たちは、汚れてしまった心を流してくれる。

禅心茶とともに、読みたい本。

 

IMG_3199

 

 

「世界はうつくしいと」

うつくしいものの話をしよう。

いつからだろう。ふと気がつくと、

うつくしいということばを、ためらわず

口にすることを、誰もしなくなった。

そうしてわたしたちの会話は貧しくなった。

うつくしいものをうつくしいと言おう。

 

風の匂いはうつくしいと。渓谷の

石を伝わってゆく流れはうつくしいと。

午後の草に落ちている雲の影はうつくしいと。

遠くの低い山並みの静けさはうつくしいと。

きらめく川辺の光はうつくしいと。

おおきな樹のある街の通りはうつくしいと。

行き交いの、なにげない挨拶はうつくしいと。

花々があって、奥行きのある路地はうつくしいと。

雨の日の、家々の屋根の色はうつくしいと。

太い枝を空いっぱいにひろげる

晩秋の古寺の、大銀杏はうつくしいと。

冬がくるまえの、曇り日の、

南天の、小さな朱い実はうつくしいと。

コムラサキの、実のむらさきはうつくしいと。

過ぎてゆく季節はうつくしいと。

さらりと老いてゆく人の姿はうつくしいと。

一体、ニュースと呼ばれる日々の破片が、

わたしたちの歴史というようなものだろうか。

あざやかな毎日こそ、わたしたちの価値だ。

うつくしいものをうつくしいと言おう。

幼い猫とあそぶ一刻はうつくしいと。

シュロの枝を燃やして、灰にして、撒く。

何ひとつ永遠なんてなく、いつか

すべて塵にかえるのだから、世界はうつくしいと。